サインミュージカル「Call Me Hero!〜もう声なんかいらないと思った〜」

Call Me Hero!
〜もう声なんかいらないと思った〜

「 I 'm Deaf!(私は、ろうです)」

2000年、夏。一人の女性がアメリカの地へ降り立った。

耳が聞こえないのにダンスが出来るの?
音楽は?英語はどうするの?

できるはずない…の常識にサヨナラ!
障害を持っていても夢を追いかける事はできるはず!
単身アメリカへ渡ったヒロエには、けれど多くの試練が待ち受けていた。
通じない手話や伝わらない思い、すれ違いや戸惑いの連続!?
つまずきながらも出会いを切り開く事で答えを求める彼女に待っていたステージとは…。

主人公大橋弘枝の著書「もう声なんかいらないと思った」をベースとして描いた、夢を抱く全ての人に贈る幸せなパワーに満ちた珠玉のサインミュージカル!
A-730.jpg

黒柳徹子さん.jpeg

応援メッセージ 黒柳徹子氏
(社会福祉法人トット基金理事長) 

 大橋ひろえさんは、1998年に「小さき神の作りし子ら」のサラ役に、日本中のろう者の中からオーディションで選ばれた、ろう女優の第一号です。
 その大橋さんが、ご自分がモデルのミュージカル「CALL ME HERO」をプロデュースなさるとのこと、本当に楽しみです。
 トット基金では、聞こえる人も聞こえない人も一緒に楽しんで頂けるよう、28年前から手話狂言をやって、世界中の方々に喜ばれていますが、聞こえる人も聞こえない人も一緒に楽しめるミュージカルって? ワクワクします!一人でも多くの方が、ヒーローことひろえさんが、元気いっぱいの仲間と共に手話とダンスで紡ぐ舞台をご覧になることを、心からお祈りしています。

A-711.jpg

キャスト&スタッフ

原作:「もう声なんかいらないと思った」(出窓社)
演出:藤井ごう  脚本:比佐廉

大橋ひろえ

片山千穂 須田真魚 真人大樹 田島健太 村松えり 千ひろ 狩野裕香 髙木直子 鹿島梨乃 小林直幹 平野史子 桑田亜紀 矢野宏美 内山陽平 加藤祐未 本城 憲 大谷由梨佳 塩見和由 佐々木優佳 松田海咲

アンサンブル(50音順)
伊藤春菜 井上幸 岩田陽子 宇津味彩 宇戸田千晴 岡田美鳥 神里亜弥世 片瀬ゆき 木戸美由紀 粉川芽実 重廣奈子 寿々ともみ 関川由加里 武藤洋一 渚香織 仲村友里 谷川彩 山田麻由 山本高史

スタッフ

照明:原田保  音響:青木タクヘイ 荒木まや  舞台美術:乘峯雅寛  衣装:阿部美千代 
舞台監督:清水義幸  作曲:大西玲央  映像:副島コウゾー  振付:akemi
宣伝美術:雪丸崇一  手話通訳:柿本恵美子

プロデューサー:小松よしえ
制作:廣川麻子 福島悠佳

協力:社会福祉法人トット基金・株式会社クリエイティブ・アート・スィンク・株式会社文学座・株式会社セドナ・株式会社MIHYプロデュース・株式会社ステージオフィス・株式会社アトリエキノコ・カフンタ・東京スウィカ・R-vive・スターダス21

助成 芸術文化振興基金

協賛 株式会社セドナ
   ヒーローズエデュテイメント株式会社
   BABスクール(株式会社D&I)
   イーデザイン損害保険株式会社/東京海上グループ

企画・製作:サイン アート プロジェクト・アジアン

2011年4月15〜17日 世田谷パブリックシアター

演出家 藤井ごう

前作から五年。
もっとみんなから愛される作品を! 
新しい「Call Me HERO!」を!の掛け声の下に「HERO」こと「大橋ひろえ」さんを中心に、聞こえる人も聞こえない人も交わって、新しいサインミュージカルは動き出した。

サインとは手話。

ミュージカルはダンスも芝居も歌も…
「どんな作品?」
「聞こえなくてどうやって踊るの?」
「みんなが楽しめるの?」
興味と常識とゆう壁はとても高い。でも、壁は越えられる、崩せるのだ。「感じあう」という、人の一番基本的な行為で。
このまだ聞き(見)なれない「サインミュージカル」が表現の一つのスタンダードとなっていけるように。

脚本家 比佐廉

右足の次には左足を出せば前に進むという当たり前の事を大橋ひろえという人はしてきたに過ぎない。
けれどその道の上で起こった事はどうしても舞台と言う形で見てほしい。
ただ前へ、という力を持ってキラキラ輝く彼女の半生は本当に「声なんていらない」のかもしれないし「何が無くても前に進めるンだ」というメッセージに満ちており、それを一人でも多くの人に伝えられたならこんなに幸せな事はありません。

A-8.jpg

A-106.jpg

A-137.jpg

A-165.jpg

A-494.jpg

A-703.jpgA-827.jpg